最新ニュース / メディア情報

2018年 盛夏 [君たちはどう生きるか]

君たちはどう生きるか

暑中お見舞い申し上げます。

東京の日本橋にある書店、丸善日本橋店は同社全店舗二六八店の中でも明治二年にオープンした最も古い店舗です。東京駅から弊社の東京営業所に向かう途中、ほぼ中間地点にあるのでよく訪れています。その際に必ず立ち寄るのが、「丸善書店員のおすすめの本」の一角です。今年一月に立ち寄ってそのコーナーで買い求めたのが「君たちはどう生きるか」(漫画版、吉野源三郎氏原作)でした。その日は購入後、東京駅から帰阪の途につき、車中にてほぼ読み終えました。読後の深い感動もさることながら、普段は自分の読んだ本を人に勧めたりしないほうですが、この本は年齢や立場を超えて学生や社会人など多くの方々に読んでいただきたいと強く思いました。

八十年前に小説として発売されたこの本を、漫画化してマガジンハウス社が昨年から発売を開始し、今年の五月現在二〇〇万部を突破したそうです。販売数では『ノストラダムスの大予言』や「日本沈没」といった過去のベストセラーとほぼ同数で、歴史的にも大変な記録と言えますが、今後まだその数量はさらに増えそうです。

この本がなぜこれほどまでに売れているのかを私なりに考えてみました。まず私が買った理由。それは自分がよく足を運んでいる好きな書店(店員)のお勧めだから。そして次に、帯に書かれていた「池上彰氏が心から感動し、人生を決めた一冊」という推薦人とそのコピー。そして漫画家、羽賀翔一氏の描いた表紙の少年(主人公のコペル君)の真剣な表情といったことでしょうか。もちろん根本的には作品が優れている為、読後の多くの人が知人や友人、子供などに勧めていったこと、テレビでも取り上げられたことなどがここまでヒットした原因と思います。

全国の書店数は年々減少の一途をたどっています。現在四二〇の自治体・行政区で書店が一店もないという驚くべきニュースが発表されていました。人口減、活字離れ、Amazonなどのネット書店の台頭などが主な原因と言われています。もちろん電子書籍をタブレットで読んでいる方など書店を利用しない人口が増えていることも原因の一つでしょう。しかし縮小する国内の書籍市場においてもこの店舗のようにいつも多くの客でにぎわっている書店もあります。書店経営が困難といわれる時代にあって、同社一五〇年の歴史から大いに学びたいと思います。

新刊だけでなくこの本のように過去の優れた作品をどうすれば現代の多くの人にもっと読んでもらえるだろうか。この問いに対し情熱を持った編集者の熱意と工夫が漫画家とのコラボレーションを実現させ、さらに自分たちの判断で良い本を売ろうとしている書店員が取り上げたことも、これだけの骨太作品がまれにみる販売数となった原因と思います。

何を売るかも大切ですが、いかに売るかも大切だということを改めて再確認いたしました。

今年も暑い夏がやってきます。何卒ご自愛頂きご活躍されますよう祈念申し上げます。

平成三十年 盛夏

株式会社ミヤコ国際ツーリスト

代表取締役 松井秀司

2017年 師走 [インバウンドによる沖縄のハワイ的発展]

インバウンドによる沖縄のハワイ的発展

前略 貴社、貴会におかれましては益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。

本年十一月中旬より沖縄県糸満市にあるリゾートホテル「サザンビーチホテル沖縄」に、当社関連会社のイルミネーション工房(有限会社ライフクリエーション)の業務の為、十日間滞在いたしました。旅行業界人ではない立場での出張でしたが、関係者としてその顕著な訪日外国人の増加ぶりを改めて肌で実感いたしました。

ひっきりなしにホテルに到着してくる大型観光バスのほとんどが台湾、韓国、中国、香港からの団体客が中心。その他の国や日本人はとても少なく感じました。それもそのはず、台湾の台北(桃園)国際空港から那覇空港へは日系LCCのピーチエアー、バニラ航空に加え、台湾資本のタイガーエアー台湾、エバー航空、チャイナエアラインの三社、計五社がそれぞれ毎日運航し、台北以外では台中、高雄からも各二便が就航しています。韓国のソウルから那覇へは、大韓航空、アシアナ航空に加え、韓国資本のLCC、ジンエアー、イースター航空、チェジュ航空、ティーウェイ航空の計六社が毎日運航、ソウル以外にも釜山から週十七便、大邱(テグ)から週八便が就航中です。中国からは、上海から毎日三便が中国東方国空と吉祥航空が就航しており、北京、南京、天津、杭州、成都の各都市から週十二便が就航しています。また、香港からは毎日三便が就航しています。沖縄では最も東アジア諸国に近いという地の利を生かした経済発展が進んでいます。

これら隣国にとって、飛行時間が短くLCCの割安航空運賃により、手軽に日本を訪問できるということで沖縄旅行は今、ブームになっています。東京や大阪の経済人からみればインバウンドというと経済的にはまだ「おまけ」位に考えている方も多いかもしれませんが、沖縄にとってインバウンドはすでに基幹産業であり沖縄経済を大きく支えています。また、インバウンド需要の増大の為、インフラなど建設、土木、電気などの工事が活況で人手不足が深刻な問題です。少し前までは高い失業率が長年続いてきましたが、状況は一変しています。

我々は沖縄というと、まず基地問題を頭に浮かべます。またそれに伴う補償金や補助金、「おもいやり予算」など、どちらかというと沖縄という「コスト」を国が支えているというイメージを本土の多くの人が持っていると思われます。しかし今後沖縄は東アジアの国際的な文化、経済の交流拠点として益々発展し、日本全体にも大きく貢献していくことが期待されます。本来なら万博などの国際イベントを積極的に誘致するよう国も努力すべきです。

独自の文化と歴史と持った一つの民族であったハワイ(王国)がやがてアメリカに吸収されていったように沖縄(琉球王国)も日本に吸収されていきました。その経緯や背景は違うものの、現在は自国民というよりは世界中の観光客からの訪問によって大きな経済効果を上げている点も類似しています。ナハマラソンもホノルルマラソン同様、三万人の参加者の規模にまで発展しています。世界中の人たちにとって永遠の楽園、究極のリゾート地であるハワイをお手本としその「アジア版」のように発展できればと期待しています。

何かと慌ただしい年末の時節ですがご自愛頂き、よいお年をお迎え下さい。 草々

平成二十九年 師走

株式会社ミヤコ国際ツーリスト

代表取締役 松井秀司