最新ニュース / メディア情報

2014年 師走 [外国人との共生社会を目指す]

外国人との共生社会を目指す

前略 

貴社、貴会におかれましては益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。

今年を振り返りまして特に顕著な変化を感じましたのは、東京、大阪、京都などの都心部は勿論のこと、北海道や岐阜、長野などの地方都市においても多くの訪日外国人観光客を目にするようになったことであります。弊社におきましても社業として我国のインバウンドツーリズムを牽引してきたという自負をもって日々の業務を行っているのですが、特にこの一年は当事者である我々自身も急増する訪日客の実情とそれに対する世間や行政の期待、マスコミの注目の高さなどに戸惑いすら感じる状況となっております。

観光客だけでなく、街中において外国人が働いている姿を目にする機会が増えてきたように思います。旅行業を営む弊社や、私が役員を務めます「NPO法人日本ハラール協会」にも就職を希望する外国人からの問い合わせが増えております。若年労働者が不足している日本において、そしてグローバル化を急ぐ企業においてはなおさら外国人雇用を積極的に取り組んでいくことが不可欠となってきています。

日本が直面している困難な問題の解決策として、グローバル化の波をうまく利用している例があります。少子高齢化と過疎・空洞化の状況で多くの地方では応募者不足で経営すら危ぶまれている大学が多い中、大分県別府市にある立命館アジア太平洋大学や、秋田県の公立大学である国際教養大学などは、グローバル人材育成という点でユニークな制度と学風を背景に多くの優秀な学生を集め、地方の活性化に貢献しています。たとえば学生や教員の半数を外国人としている点や日本人と外国人が共生する学生寮を運営する、あるいは英語での講義を多くすることや在学中に留学することを卒業条件にするなどの取り組みであります。今後これらの大学から多くの国際感覚に優れた日本人や日本語を熟知し、日本文化を理解した外国人が日本社会で活躍してくれることが期待されます。

日本国全体や企業においてグローバル化は必然の流れでありますが、日本国民にとって、それは大学受験であれ就職の採用試験であれ、日本国内において熾烈な国際競争が行われるということであります。正社員だけでなくアルバイトなどの非正規雇用においてもしかりです。先日、私の親族が経営するコンビニエンス・ストアで、ベトナム人の学生を雇用したところ、他の日本人に比べてもはるかにまじめで誠実である為、人員調整の際、かわりに遅刻しがちな経営者の息子をやめさせたという笑えない話がありました。

来る2015年、東京オリンピックまであと五年という年にあたり、国や行政は様々なグローバル化施策を検討しているようです。国民一人一人が「世界の中の日本」という意識を強く持つことが望まれます。

皆様方のご健勝と来る年がすばらしい年でありますことをご祈念申し上げます。  

草々

平成二十六年 師走

株式会社ミヤコ国際ツーリスト

代表取締役 松井秀司

2014年 盛夏 [グローバル社会で生き残る日本企業]

グローバル社会で生き残る日本企業

拝啓

大暑の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。また、平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

今年の夏は世界中がワールドカップブラジル大会で大いに盛り上がり、ドイツが圧倒的な強さで優勝し、幕を閉じました。

日本代表チーム「ザックジャパン」は予選リーグの突破が叶わず敗退してしまいましたが、残念ながら実力差をまざまざと見せつけられた気がいたします。もっとも、スペインやポルトガル、イングランドなどの強豪チームですら早々と敗退していくような事が起こるのですから、日本が本番で勝ち抜いていく事は至難の技なのでしょう。それにしても世界の強豪チーム同士のゲームを見ると、そのプレーの正確さ、力強さ、スピード、大胆さ、集中力、突破力…何もかもが日本チーム以上のものがあり圧倒されてしまいます。開催前、そして開催中も再三選手達の口から発せられた「自分達のサッカー」が出来なかったのは、言い換えれば自分達の思い通りにさせてもらえなかったという事であり、それもまた実力が及ばなかったという事なのでしょう。しかし個々の選手は、ヨーロッパで堂々とプレーをしている選手が何人もいるのですから、チームとしての総合力を高める事が次の大会への課題とも言えそうです。

我々企業人は、今回のワールドカップから多くの事を学んだように思います。一つは世界市場で通用する為には世界規準でものを考え、戦い方、組織作りを検討しなければなりません。決して日本人だけの自己満足だけでは世界に通用しません。また自分達の強みと弱みを理解してその強みをどのように実務で生かしていくかが大切だということであります。

ザッケローニ氏は今回で監督を退任されますが、過去においてはトルシエ、オシム、ジーコなど外国人監督を採用してきました。もちろん日本サッカー界にも優秀な日本人監督は沢山いるのですが、世界と戦って勝ち抜いていくためには現状では外国人監督にお願いせざるを得ないようです。実業界でもリーダーの指導力、アイディア、先見性などの点で外国人社長が選任されているケースが目立ってきました。日産のゴーン氏を筆頭に、三菱自動車のロルフ・エクロード氏、武田薬品のクリストフ・ウェバー氏、オリンパスのマイケル・ウッドフォード氏等々であります。もはや社員や幹部だけでなく、トップすら外国人が当たり前という時代がやってきているようです。その意味でも、日本人と外国人が共に働き、広く世界市場を相手に企業活動を行っていく事をこれからの企業の標準モデルとしていかなければ、グローバル社会で日本企業が生き残っていけなくなるように思います。

弊社におきましてもマレーシア人、シリア人などの外国籍社員が従事し、また本社ビル内の弊社系列組織では、インドネシア人、エジプト人、フランス人などが従事しており、日々世界中の皆様とコミュニケーションを交わしております。

これからもグローバル社会で、皆様方と共により一層の発展をしていけるよう増々精進努力をしてまいります。

今後ともより一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

謹啓

平成二十六年 盛夏
株式会社ミヤコ国際ツーリスト    
代表取締役 松井秀司

2013年 師走 [天災と東京オリンピック招致に思う]

天災と東京オリンピック招致に思う

拝啓  

益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。  

師走に入り急激に寒さがまして参りました。あれだけ例年以上に酷暑が続いたことがまるで嘘のようです。 また台風など天災に苦しめられた一年でした。そして日本だけでなく世界各地で竜巻や水害などの被害が甚大な年でありました。 自然の猛威だけは人間ではどうすることもできない神の領域であると、まざまざと思い知らされたように思います。

国を上げての防災の取り組みは、我々日本に暮す者だけではなく、今後日本を訪れる方々への安心安全のメッセージを伝える意味でもとても重要になってきます。特に毎年発生している台風によって、今年のように多くの死者が出ることは、訪日外国人に対しても大きな不安要素となります。是非来年は、台風による死者ゼロを実現したいものです。

東京オリンピックが決定されたことはアベノミクスに加え、大いに日本の経済を活性化しております。これを単なる特需ではなく、日本にとっての新たなるグローバル化への転機として捉え、全国民が取り組んでいく必要があると思います。オリンピックで日本を訪れた外国人の多くの方々が日本の素晴らしさを納得し、日本人やメイドインジャパンを敬愛してくれる機会となることを願います。 しかし本年十一月に起こった国内の一流ホテルでの一連の食品偽装、メニュー偽装のニュースはすでに海外にも伝えられており、それらが外国人の来日意欲に水を差すのではと懸念されます。

特に食に関する宗教的な戒律の厳しいイスラム教徒にとって今回の食品偽装問題は、とても気になるところです。 東北大震災の際、配給される水の順番待ちや避難所での生活などの日本人のモラルの高さが海外でも話題になりました。また、オリンピック招致のプレゼンテーションの際、我が国がアピールしたのは日本の安全性や国民のマナーやおもてなしの心でした。

しかし、今回の食品偽装の問題の本質は、日本人が組織的な詐欺行為を行う傾向があるということと、売上至上主義が日本企業の体質にあるということです。残念でありますが、問題は単なる偶発的なものではなく、根深いところにあるようです。

今回のプレゼンテーションで、「東京で財布を落としてもそのまま戻ってきます・・・」旨のアピールもありました。はたして現在の日本人は平均的にそれほどモラルが高いと言えるでしょうか。あのプレゼンを聞きながら首をかしげたのは私だけではないと思います。これを機にこれらのプレゼンのスピーチが嘘偽りでないよう、日本人は高い自尊心とモラルを持ちたいものです。 家庭でお迎えする来客であろうとも訪日外国人であろうとも食の提供は、「おもてなし」の基本です。その食について、この国の超一流といわれるところが嘘ばかりであったことを猛省し、信頼の回復に努めて行きたいものです。

おりしも日本食が世界無形文化遺産として登録されることが確定した年でもあります。そしてこの露呈された日本の汚点が日本食と外国人おもてなしの新たな原点となることを願います。 皆様方にとって来年が平安で充実した年となりますよう祈念致しております。

敬具

平成二十五年 師走

株式会社ミヤコ国際ツーリスト       

代表取締役 松井秀司

2013/8/27~9/2 Asia Group : Mt Fuji & Hokkaido Tour